前へ
次へ

不動産を賃貸にする場合の注意事項

不動産を所有している人にとって、その活用は重要になってくるでしょう。
自分で使用しない場合はどのような活用をするのか考えますが、売却を希望しないのであれば賃貸になります。
土地価格が上昇傾向にある時だからこそ、どのように使えばいいのか考えなければいけません。
不動産には土地と住宅があり、どちらも所有している場合と一方しか所持していないのでは、その利用法が変わってきます。
住宅だけでは賃貸住宅として貸し出すという方法がありますが、築年数が古かったり公共交通機関との利便性が悪いと、借り手がみつけにくくなってしまいます。
土地だけの場合ではそのまま更地として駐車場にしたり、新たに建物を建てて貸すという手法が取れます。
場所によって借り手が求める内容が変わって来るため、賃貸にするのであれば専門家と話し合って決めることが大切です。
不動産は所有しているだけでも固定資産税という税金がかかり、その対策として賃貸にすると今度は所得税や新規の固定資産税の対象になってしまいます。
上手に活用することで利益をもたらせてくれるのであり、その方向性はしっかりと検討する必要があります。

Page Top