前へ
次へ

賃貸の不動産の外壁などを下見で確認する

賃貸物件に入居する前に、多くの方々は下見を行っています。
若干手間はかかるものの、まずは不動産物件の下見をした上で、住み心地などを確認している方が多いです。
なぜ手間をかけて不動産物件の下見をするかというと、資料だけでは分からない点が多いからです。
確かに建物の広さなどは、間取り図面で確認する事は可能です。
しかし図面には、賃貸物件の全ての情報が明記されている訳ではありません。
床からの高さなどは、間取り図面では分かりません。
また下見は、建物の外装や外観を確認する目的もあります。
物件の広告では、一応は建物の外観写真は見ることはできます。
しかし壁の細かな状況までは、写真では分かりません。
外壁はきれいな状態かどうかは、やはり下見してみないと分からないでしょう。
外壁だけでなく、周囲の建物の高さも気になるポイントです。
すぐ近くに高い建物があるかどうかも、下見で確認する事ができます。
つまり下見をしておけば、物件の詳細な状況が分かる訳です。

Page Top